SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP THE WORLD

Facebook
Twitter
Instagram
MENU

Columnコラム

過去のコラム一覧
TOP コラム 雑観記事 -THE WORLD 2018 STAGE 2-

コラム

雑観記事 -THE WORLD 2018 STAGE 2-

image

1年半ぶりの勝利である。
THE WORLDで一時代を築いたボリス・カリチュマーにとって、それはあまりにも長い時間だったに間違いない。
「長い間優勝できなかったけど、やっと勝つことができてとてもうれしいよ。これは私にとって非常に重要な勝利だね。3~4年前はコンスタントに勝てたけど、去年は優勝することができなかった。今回の優勝は今シーズンを戦っていく上で、良いモチベーションにつながると思う」
6月17日(日)フランスで開催されたTHE WORLD STAGE 2で、クロアチアのボリス・カリチュマーが優勝。
カリチュマーは決勝で香港のロイデン・ラムを下し、2016年12月開催のGRAND FINAL以来、1年半ぶり5回目(GRAND FINAL含む)の優勝を飾った。

ファンを魅了するスピーディなプレイスタイル

image

「試合を見ていればわかると思うけど、私はスピーディにダーツを投げるタイプなんだ。試合中も考えるより先にプレイしていることが多いよ(笑)」
そんな言葉にも表れているとおり、カリチュマーの魅力のひとつはスピーディなプレイスタイル。深く考え込むようなシーンはほとんど見られず、リズミカルに3本のダーツを投げ込んでいく。
「特別意識をしているわけではないんだけど、とにかく早く投げるのが好きなんだ。でも大事な場面では、自分の動きを一瞬止め、落ち着くようにしているよ。勢いだけのプレイになるとベストな結果はでないからね」

今回の勝因について質問すると「特別な勝因はない」とカリチュマーは答える。
「ただプレイしただけなんだ。今回はリラックスしてプレイできた。リラックスすると良いプレイができる。そうすれば相手が誰だろうと、倒すことができるはずだからね」

TOP LADIES賞は日本の山口

image

今大会ではTHE WORLD初のTOP LADIES決定戦が行われた。TOP LADIES賞とはTHE WORLDに参加した女性プレイヤーの中で、一番順位の高いプレイヤーに与えらえる賞であり、同順位が複数いる場合は決定戦が実施される。決定戦に出場したのは、日本の山口祐理子とフランスのキャロル・モンポ―。世界の注目が集まる中、山口が勝利しTOP LADIES賞を獲得した。

国際色豊かな出場プレイヤーたち

image

ベスト4に入賞したポーランドのクリストフ・ラタイスキーと台湾のプポ・テン・リーをはじめ、国際色豊かなプレイヤーたちが上位入賞を果たした。
また気になる年間ランキングは、今回優勝したカリチュマーが、ゲイツと並び1位となった。また今回2位のロイデン・ラムはランキング3位に浮上。ラムはTHE WORLDが生まれた2011年シーズンから参戦し続けている香港ナンバーワンプレイヤーである。
昨シーズンから再び調子を上げてきており、今後の活躍に注目だ。4位以下もアジア最高峰のポール・リムやSUPER DARTS 2018に優勝した世界王者の村松治樹など世界的なプレイヤーが名を連ねている。

次回の舞台は日本

image

シーズンお折り返し地点となる次回STAGE 3の舞台は日本。勝者カリチュマーは言う。
「日本大会も、もちろん参戦する予定さ。日本はとてもナイスな人が多くて大好きな国のひとつだよ。その日本でも優勝して世界で1番強いのは自分だと証明したいね。次は日本で会いましょう」
次回STAGE 3は、8月25日(土)日本の東京にて開催する。公式WebサイトよりLIVE中継を実施。